キャバ嬢の秘密テク★

営業メールの大切さ

キャバクラで働いていて難しいなと感じたものは、営業メールですよね。

普段、私はメールとかまめにを送る方ではないので、お客様にメールを送るということが、とても難しく感じたんです。

でも、先輩のキャバ嬢やアゲ嬢に営業メールの送り方を聞いて勉強しました。

いろいろなテクニックを聞いた中で、一番役に立ったのは、「返事が来なくても気にしないってこと」です。

営業メールを送って、返事が来ないとやっぱりヘコんでしまうんですよね。

嫌われているのかな、、、とか考えちゃうもんです。

でも、先輩のキャバ嬢やアゲ嬢に、そんなことを気にする時間があったら、他のお客様にメールを送った方が良いと言われて、それもそうだなって気持ちが楽になりました。

営業メールは、キャバクラに来てもらうために送るものですから、いちいちヘコんでいる暇はありません。

どんどんメールをして、キャバクラに来てもらう必要があるんです。

へコんでいるよりも、お客様の心を掴むメールを書くテクニックを身につける努力をした方がいいです。

あと、何気に送るタイミングとか重要だったりですねw

時間帯によっては、迷惑になって相手を困らせことになっちゃうんで。

だから、一回目に席に着いたときにどの時間帯が忙しくないとかさりげなく聞くようになりましたよー!

他のキャバ嬢さんも、お客様にお店に来てもらえるメールを書くテクニックを身につけるために努力しています。

メールが苦手な私も、続けることで、最初の頃に比べると上手にメールが書けるようになった気がします。